沿革

History

沿革

1950年4月
大阪市東淀川区三国町524番地にて初代社長・佐藤三次郎が、みすず工作所として個人経営で鋳鉄製舶用バルブの製造を創める。

1953年1月
大阪市西淀川区御幣島3丁目6番29号(現在地)に工場拡張のため進出。
鋳鋼、鍛鋼製高圧・高温バルブの製造に乗り出す。

1955年7月
株式会社みすず工作所へ組織変更。
造船、電源開発、一般産業用、各種ストレーナおよびバルブの専門メーカーとして発展。

1959年2月
運輸大臣許可により日本工業規格表示工場の認可取得。

1968年5月
長野県小諸市大字滋野字甲906番地にて信州工場を新設。
量産体制を整備し、逐次製缶設備を充実する。

1974年7月
社名をみすず精工株式会社と改称。

1975年12月
電気事業法(経済産業省所管)溶接認定工事の認可を取得。

1976年11月
信州工場にて製缶工場を増設。

1977年1月
東京都千代田区内神田3丁目4番11号にて東京営業所を新設。

1994年7月
信州工場にてステンレス専用工場増築。

1997年9月
原子炉等規制法(文部科学省所管)溶接認定工事の許可を取得。

1998年10月
信州工場にて多目的倉庫建設。

2000年7月
本社御幣島5丁目にて研究棟を建設。

2003年4月
青森県にて六ヶ所事業所を新設。

2007年11月
六ヶ所事業所に新工場完成。これを期に事業所を六ヶ所工場に名称変更。

2010年12月
本社にて第二事務所を建設。

2011年8月
ISO9001:2008認証取得

2012年1月
中国協同工場設立

2014年
社長交代

2017年
信州工場第二工場増築

2018年
六ヶ所工場新倉庫兼工場増築

2019年
本社第三事務所、信州工場第三事務所増築